--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2 Blog Ranking

2009.05.16     カテゴリ:  水草 

   抜けない^^



手持ちのシリコンチューブの中で
ディヒューザーの管から抜け出てこないヤツがありました!
抜けない!
それが、硬めで弾力性が無いので
購入してから全く使われた事の無いチューブがgooなのでした!


散々、弾力性のある柔らかいチューブを
管に深く押し込む事だけを考えていた訳ですが . . .


 . . . ふぅ~ん . . . コレは盲点でしたねぇ♪ . . .


そのディヒューザーを給水パイプの下に設置してみました。
吸い込まれてます
気泡の5割ぐらいがパイプ内に吸い込まれて行きます。


ストーンでも好いんですが、夕方仕事から帰ってみると、
たまに大きな気泡でボコボコさせている時があるので困ります
クリックで拡大
チョッとチューブを振ってやると直ぐに気泡は細かくなりますが . . .


まぁ、コレでどうにかこうにかひと安心ってトコです^^
ただ、設置場所が水槽の奥(背面)ってのがねぇ . . .


今は後景草も疎らでメンテの余裕がありますが、
モサモサにジャングル化してしまったら . . .




 . . . なんて今からまだまだ先の心配などする必要はないですよねぇ^^

FC2 Blog Ranking








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
堅めのチューブが抜けいないなんて!
盲点でしたね
父は深く差し込むことばかり(^^;
おかげで、既にディヒューザーコケってるのに、掃除する気にならない(滝汗
どうやって外そう (--;)ゞ?
良いチューブ見つかってよかったですね!
給水パイプから泡が吸いこまれるというこ
とは、フィルタへの吸いこみ側ということですか?!
私の場合、フィルタ出口パイプのところに設置して、水槽内で泡をあばれさせています。
やはりウチもそうでした。
とにかく深く差し込もうと柔らかい方にばかり気を取られていて . . .
たまたま試した硬めのチューブが抜けて来ないとは!
ただですねぇ . . .
代えのチューブが無いんですねぇ . . .
今後、仕入れるのが大変そぅ . . .
ウチも最近までは出水口の下に取り付けて攪拌させていました。
今回、給水パイプの下に設置してみたところ、
旨い具合に気泡がフィルター内に吸い込まれて行き、
溶解効率がUPしました♪^^
先を心配することは必要だと思いますよ、不具合を未然に防ぐことができるんですから!
モサモサを想像しましょう!

ナイスなチューブが見つかって良かったですね!
私も 使わないだろう・・・なんてものがたくさんありますけど、時々助かってます。
 . . . そうですよねぇ!
捨てないで好かったです、ほんと!^^
管にチョッと差し込んでいるだけなんですが全然抜けて来ません♪
ウチもこれからは簡単に捨てるのは止めます!
前の割れちゃった奴、なんとか再利用できません?高かっただろうしなんだかもったいないですよねぇ。
かってから使っていない備品、うちのも山ほど転がってますよ~!いつかきっと使うその日が来るまで!
うちもその日が来ることを楽しみにして、大事にとっとこ~っと♪
折れたヤツ、棄て切れずに取ってありますe-263
でも、今回仕入れたお徳用のヤツがなかなか好い感じなので、
これからはこちらに移行しそうですねぇ . . .
 . . . そう言えばfurax2さんとこも、
A〇Aの製品をかなり埋蔵なさっていますよねぇ♪
ウチの二の舞にならぬ様、くれぐれもメンテは新調に!^^
こんにちは
どこでCO2を添加するかですね。
うちは攪拌器を排水側につけています。
両側につけたいですがもう生産終了で部品がないです^^;
どうやら排水側に設置する方が多いようですねぇ。
給水側に設置して気泡をフィルター内でミキサーすると
非常に溶解効率が上がるのですが . . .
給水口が水槽内で一番込み入った場所なのでねぇ . . .
まさか給水パイプを前面設置は出来ませんものねぇe-263




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
FC2カウンター
プロフィール

みずくさおやじ

Author:みずくさおやじ
我流にて水草水景を楽しんでいます
デジイチ初心者
下手な写真で失礼します^^

最近の記事
アクセス解析





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。